ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-

タイトル
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
メディア
TVアニメ
放送日
2007年10月3日
ストーリーコンセプト
前川淳
編集
三嶋章紀
音響監督
鶴岡陽太
音楽
山下康介
音響制作
楽音舎
アニメーション制作
GONZO
スタッフ
監督:小野学
ストーリーコンプセト:前川淳
キャラクターデザイン:うのまこと
ドラゴン&メカデザイン:石垣純哉
ドラゴンデザイン協力:D.K
メカ・プロップデザイン:大河広行
セットデザイン:青木智由紀
総作画監督:坂崎忠
音響監督:鶴岡陽太
音楽:山下康介
製作:NAS、GONZO

キャスト

レビュー

総合評価
比較
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-のレビュー
作画 ストーリー 音楽
総合 4 4 7
最高 6 8 10
最低 3 1 3
平均 4.3 4.3 6.8
2/5 12pt
レビュー数:4

作画:4ストーリー:5音楽:6 漆黒 - 2008/04/09

まず、キャラクターデザインに問題がある。女の胸がデカすぎて気持ち悪い。トアとジンがウジウジしていてイライラした。あと、カズキが何であんなに怒っていたのか分からない。ギオを取られたと言っていたが、最初のうちにトアを助ける為だったと事情を説明すれば解決できたはずです。まさかあんなに長引くとは…。アキラが死ぬのと、マキナが暴走する話は必要だったのか?トアよりギオとレゾナンスした回数が多かった。このアニメは茅原実里さんが出演していたから観ていただけ。でも、小林ゆうさんのEDはカッコ良かった。

作画:3ストーリー:1音楽:3 ussi - 2008/03/27

作品を全話見た上での感想です。
 
シナリオが微妙で最後まで方向性が見えませんでした。
特に最終回にかけては、かなり駆け足、急展開アニメでした。
特に、キャラクターの思想がころころと変わるせいか、仲違いをしていた主人公の親友と和解した途端、急に声が優しくなった回は違和感を覚えずにはいられませんでした。
 
背景絵はとても良かったのですが、キャラの顔や体形があり得ません。
ぶっ飛んだキャラデザのせいか、酷い作画の回が多く、常時不安定。
 
BGMは今一つ盛り上がりに欠ける出来で、OPやEDも作品のコンセプトとは違う気がします。

作画:4ストーリー:3音楽:8 たけ - 2008/03/10

キャラクターのデザイン、ドラゴンのデザイン、設定、キャストは一流です。
しかし、ストーリーがいまいちで作画も多々ミスをする点があります。
惜しいアニメです。もう少しストーリーに力を入れていれば、良作になれたと思います。

作画:6ストーリー:8音楽:10 閏 - 2008/02/28

個人的にかなり好き

キャラクター人気投票

  1. トア (12票)
  2. ジークリンデ・バウムガルド (10票)
  3. カミシナ・ジン (7票)
  4. ソウヤ・アキラ (5票)
  5. ガーネット・マクレーン (3票)
  6. ギオ (2票)
  7. タチバナ・カズキ (2票)
  8. ヴィルヘルム・バウムガルド (2票)
  9. ハウリングスター (2票)
  10. ハバラギ・ユウヤ (1票)
  11. ライナ・クロムウェル (1票)
  12. キリル・ジャジエフ (1票)
  13. マキナ (1票)
最終更新日:
  • 編集

    このアイテムを編集します。

  • キャスト

    キャスト情報を追加・編集します。

  • スタッフ・会社

    制作スタッフや制作会社を追加・編集します。

  • ストーリー

    ストーリーを追加・編集します。

  • 主題歌/挿入歌

    主題歌/挿入歌を追加・編集します。

  • タグ

    アイテムにタグを追加します。

  • リンク追加

    リンク・Twitterアカウントを追加します。

  • Twitter追加

    リンク・Twitterアカウントを追加します。

  • ハッシュタグを追加

    Twitterのハッシュタグを追加します。

  • レビュー

    この作品のレビューを投稿。

  • キャラクター人気投票

    すきなキャラクターに投票します。

  • 動画まとめ

    YouTubeなどから関連動画を追加します。

  • ウォッチリスト

    視聴したことのあるアニメに評価とコメントを付けて簡単に管理出来る機能です。

  • トリビア

    トリビア(豆知識)を追加します。

  • 画像を追加

    関連画像を追加します。

  • 関連記事を追加

    ニュースなどの関連記事を追加します。